ロゴ


            施設の概要館内ご案内行事予定休館日のご案内



 

外観写真

 森鴎外記念館は、独立した鴎外の専門的な記念館としては世界で初めてのものです。記念館は国指定史跡・森鴎外旧宅の南側に隣接し、鴎外旧宅を展示物の一部として取り込んでいます。建物は鉄筋コンクリート造二階建で、一階部分は受付、事務室、展示室、二階部分は収蔵俸、会議室、学芸員室で構成されています。
 記念館では映像や写真パネル、鴎外の遺品をはじめ貴重な資料の展示を通して、より一層幅広い鴎外像を紹介し、人々の鴎外文学への親しみと理解を一段と深めることが出来ます。

 

 



 鴎外写真

森 鴎外(もりおうがい/18621922

 森鴎外は、軍医、帝室博物館総長兼図書頭(ずしょのかみ)、小説家、評論家、翻訳家、本名、林太郎(りんたろう)、別号、観潮楼主人、千朶山房など。

 文久2年1月19日、現在の津和野町町田に生まれました。明治5年上京、14年東京大学医学部卒業後、軍医の道を進みます。明治17年から21年までドイツヘ留学し、この西欧体験は鴎外の教養と見識を深め、帰国後医学界、文学界の改新のために発言していきます。明治20年代の封建的風土や土壌の中で、鴎外の発言は衝突せざるをえません。しかし、啓蒙的改革こそ、西欧を見てきた知識人の責務であると考えます。特に「即興詩人」の翻訳は鴎外の名声を高めます。日清戦争に従軍。32年小倉へ転勤を命ぜられ、35年までこの地で過ごします。鴎外にとって不本意な転勤でしたが、この地で自己修養につとめ、やがて東京の第一師団に戻り、日露戦争に従軍することになります。40年軍医総監陸軍省医務局長に就任し、軍医としで最高の地位(中将宮相当)官につきます。42年雑誌「スバル」の創刊を契機に再び創作活動が活発になり、いわゆる豊熟の時代を迎えます。「半日」「ヰタ・セクスアリス」「雁」「青年」等を発表し、小説家として漱石とともに明治文壇に確固たる地位を築きます。若き日の結婚、 離婚を経て、小倉時代に再婚します。子供たちに限りない愛情をそそぎながらも、母と妻との衝突に悩みつつも一家の団欒 のために誠実に対処していく鴎外。一方、医務局長として、組織や人事面でも問題を抱えつつ、時には、にがにがしい思いもしている鴎外。鴎外はこのように〈私〉と〈公〉のみならず、作家と軍医という二つの人生を生きていきます。そのことは個と組織、伝統と革新、西欧と日本という様々な問題の中に身をおくことになります。明治天皇崩 御、乃木殉死を契機に歴史小説の世界を拓き、晩年には史伝文学という新しい分野を開いていきます。死に及んで「石見人森 林太郎トシテ死セント欲ス」という遺言を残して、大正1179日に永眠しました。 享年60歳。



 

ロゴ
島根県鹿足郡津和野町町田
tel.0856-72-3210
 fax.0856-72-3307

開館時間 am9:00pm5:00(受付はpm4:45まで)
休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)
入館料  一 般 600(500)
      中高生 400(250)
      小学生 250(120)
       ( )内の数字は20名以上の団体金額

※障がい者手帳又は療育手帳持参で本人とその介護者1名無料

 

津和野町教育委員会では、固有名詞である鴎外の「鴎」の字は、可能な限り旧字体で表記するよう努めています。鴎外 の 「鴎」の字の編は、「区」ではなく「區」と表記するべきところですが、コンピュータの仕様上、旧字で表記することが困難ですので、やむを得ず新字体を使用しております。


http://www.tsuwano.ne.jp/town/