本館は、日夜変貌をとげている国内外のさまざまな出来事を、写真を通じて身近に紹介する場として設置されました。
 その主旨にそって、写真は、一瞬の出来事から忘れてはならない歴史の痕跡までを忠実に記録している報道写真という分野を、本町出身で、報道写真家として第一線で活躍されている桑原史成氏の写真を中心に展示しています。
 私たちの記憶の奥に埋没している歴史の一コマーコマを、来館者の皆さまが、展示写真からその記憶に再現していただけたら幸いです。

桑原 史成
くわばら しせい
 
 
桑原史成写真展 第4期

『台  湾』

2024.1.19~2024.4.17
※休館日:木曜



                                                         ©桑原史成
 桑原史成写真美術館の今回の展示は「台湾」を展示します。
 
台湾では、この113日に総統の選挙が行われた。その結果は現政権の民進党の頼清徳(らい・せいとく)候補(現副総統)が次期総統に当選した。親中国派で最大野党の国民党は2位、それに第3勢力の民衆党が続いた。
 しかし、総統選と同時に行われた議会・立法院の選挙(国会議員)では野党の国民党が第1党で、次期政権の頼清徳新総督の民進党は過半数割れに終わった。総統の選挙は親米国派で民意が勝利した。しかし、「台湾奪還」を目論む中国政府の軍事的な危機、また大陸との経済の関係は予断を許さない状況が続く。余談だが頼清徳氏は親日派と伝えられる。
 僕が最初に台湾を訪れたのは1967年で、以降は本格的な取材に入ったのは1970年代で、首都の台北を始め中国の福建省に隣接している金門島、また台湾の原住民を蘭嶼島で撮影した写真を展示します。
 日本が台湾を植民地化した経緯を記述する。日本が大陸(清国)に軍事侵攻した日清戦争(1894~1895年)の戦果で下関条約(日清講和条約)により、台湾が割譲された。以降、太平洋戦争での敗戦(1945年)までの半世紀にわたって植民地化していた。

                                  報道写真家 桑原 史成
SHISEI KUWABARA MUSEUM OF PHOTOGRAPHY